レビュー ループウィラー LOOPWHEELER 日本人が作った究極のスウェットシャツ 

こんにちは。卓越した技術に裏打ちされた間違いない仕事。職人はだの男に憧れます。楽です。

みなさん、スウェットシャツって持っていますか?ほぼ皆さん持ってると思います。アメリカ発の世界中で着用される愛されアイテムです。色や形も様々で、低価格の物からブランド品の高額な製品まで多種多様です。

今回は世界中の、スウェット好きが絶賛する日本のブランド「ループウィラー LOOPWHEELER」の紹介、レビューをしたいと思います。長い歴史のあるスウェットシャツ。日本のある企業が非効率ながらも、昔の製法で情熱を持って作ったら、本当に良いモノが出来て、それが徐々に認められ、本国アメリカはもとより今では世界中に多くのファンを獲得し、有名なトップブランドともコラボするアパレルメーカーになりました。

アイテムとしてレビューするのは私が所有する、LOWERCASE ライトツリウラケ ルーズフィットスウェットとGraphpaper フルジップパーカーです。

目次

ループウィラー LOOPWHEELERについて

ループウィラーは1999年に鈴木 諭氏が日本で立ち上げたアパレルブランドです。鈴木氏が長年にわたるアパレル生産管理の仕事で築いたノウハウを活かし「世界一、正統なスウェットシャツ」を製造販売するというコンセプトのもと、スウェットシャツ、スウェットパンツ、Tシャツなどを主に展開しています。

ブランド名は「吊り編み機=Loopwheel Machine」でその名の通り、昔ながらの吊り編み機を使用して製造しています。現在吊り編み機は、日本の和歌山県に約400台が存在し、そのうちの約200台が稼動しているそうです。この旧式の吊り編み機は糸を無理に引っ張らずにゆっくり編み上げるため、綿糸本来の風合いを損なわず、繊維が空気を含んだ状態で編み立てることが可能となります。

もう一つの特徴として製法にもこだわり、縫い合わせる生地と生地が平らな状態で縫製されているため、縫い目がフラットでごろつき感がないフラットシーマ縫製を取り入れてます。また、胴体の継ぎ目がなく筒状に編み立てる丸胴といった製法で着心地の向上を追及しています。

現在直営店が東京、大阪、福岡の3店舗があり、公式サイト、ECサイト、セレクトショップでループウィラー製品の購入が可能です。

写真引用:LOOPWHEELER

LOWERCASE ライトツリウラケ ルーズフィットスウェット

クリエイティブディレクターであるLOWERCASE梶原氏による企画をエディフィスで別注販売したモデル。着た感じは、ルーズフィットの為、適度に余裕はありますが、そこまでダボつき感はありません。公式サイトの商品説明でもルーズとジャストの中間を捉えたリラックスシルエットとなっていました。セットインスリーブで肩幅は身幅に比べジャストに近いサイジングで、だらしない印象を無くしています。LOOPWHEELERのインラインには無いデザインでECサイトで見つけて即購入しました。私はスウェットはジャストサイズよりも少し大きめが好みなんです。

Graphpaper フルジップパーカー

南貴之氏が手掛ける、Graphpaper(グラフペーパー)とのコラボレーションモデル。Graphpaper考案のオーバーサイズシルエットで仕上げたモデルです。ダブルジップ仕様でサイドにポケットがあります。グレーのパーカーは好きなんですが、以外と着こなしが難しく、特におじさんが着ると、とても子供っぽくなり、この上なくアンバランスになります。このモデルはオーバーサイズモデルですがデザインが考え抜かれており、大人の男性が着ても違和感がありません。ラグランスリーブでドロップショルダーにワイドな身幅。よくある前面のカンガルーポケットを無くし、サイドポケットにした事でシンプル感と同時に子供っぽさを消しています。

Graphpaper webstore

着用画像

LOWERCASE ライトツリウラケ ルーズフィットスウェット

  • 防縮加工がされていない綿100%素材の為、洗濯により縮みが発生します。写真は数回洗濯し縮みが落ち着いた状態の物です。
  • サイズM 着用者は、身長170cm、体重63㎏、です。

Graphpaper フルジップパーカー

  • 防縮加工がされていない綿100%素材の為、洗濯により縮みが発生します。写真は数回洗濯し縮みが落ち着いた状態の物です。
  • サイズ1  着用者は、身長170cm、体重63㎏、です。

まとめ

いろいろ書いてきて今更、申し訳ありませんが、やはりループウィラーは着心地に尽きると思います。初めてループウイラーを着用した時は、とてもビックリした事を憶えています。見た目は何の変哲もないスゥエットなのに着た瞬間、体が優しく包み込まれる不思議な着心地です。不思議なんですが決して不快ではなく、その逆で安心感と優しさがある、とても良い着心地でした。それは大量生産では出す事が出来ない、昔ながらの吊り編み機だから出せる風合だと思います。

紹介した2着は私の趣向でオーバーサイズの商品でしたが、他にも様々なデザインが販売されています。中でもオーソドックスなのはループウイラーのインラインモデルでスゥエットシャツのLW01、LW250の2種、スゥエットパーカーではLW05、LW290の2種がベーシックで代表するモデルだと思います。その他、BEAMS、UNITEDARROWS、URBAN RESEARCH 他、別注品が発売されています。

まだループウイラーを着たことが無い方、是非お近くの取扱い店舗で試着してみてください。今まで感じたことがない着心地にきっと驚かれると思います。非常におススメのアイテムです。以上、「ループウィラー LOOPWHEELER」のご紹介、レビューでした。

¥16,500 (2022/09/27 13:06時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
目次