レビュー 水沢ダウン マウンテニア 日本の技術がおしみなく詰め込まれたダウンジャケット! 

こんにちは。日本の職人さんが作る高次元なアイテムが大好きです。楽です。

ダウンジャケットといえばモンクレール、カナダグース、デュベティカ等、海外のブランドが有名で着ている方がとても多いです。優れた機能性を誇りながらファッション性も高く、正に冬の王道アイテム。高価格でも売れ行きは絶好調みたいです。

私も数年前、ダウンジャケットがほしくなり、カナダグースを購入しようと思い、販売店さんを探しました。その時たまたま、水沢ダウンというデサントさんが展開しているダウンジャケットを知りました。この時点ではカッコいいなと思う程度。カナダグースのショップに行くついでに、せっかくだから水沢ダウンも見てみようという事で休日に行ってきました。結果、購入したのは水沢ダウン。カナダグースも良かったのですが個人的には水沢ダウンの着心地とデザインにやられてしまいました。

今回は「水沢ダウン マウンテニア ナリフリ別注」をレビューします。冬の寒気を完全遮断し、軽くて動きやすくて着心地もよい。中年男性の皆さんにもおすすめです。

目次

水沢ダウンについて

岩手県旧水沢市(現奥州市)にデサントのアパレルラインを生産している水沢工場があります。製品名の由来ともなってるこの工場で、国内でも希少なダウンウェアの一貫生産体制が行われています。

このダウンジャケットの最大の特徴はノーステッチで制作しているというとこ。縫製が必要な箇所にはシームテープ加工を施すことで、これまでにない「耐水性」を可能にしている点です。ダウンウエアの最大の弱点である雨や雪など水分に弱い点を克服しています。

また特筆すべきは、このジャケットを製造する工程。裁断、ダウンパックの形成、熱圧着加工、ダウン詰めまで、すべての工程において経験豊富な職人の手によって一つ一つ形作られています。最新のテクノロジーと職人の技術が融合された希有なダウンジャケット。ソチオリンピックで代表選手がオフィシャルウエアとして採用され、現在では国内はもとより世界中に愛用者がいます。

代表的なアイテムでアンカー、シャトル、マウンテニアがあります。各セレクトショップの別注品も多いです。

画像引用【公式】水沢ダウン2022FW

水沢ダウンオルテライン マウンテニア ナリフリ別注品

スペック

  • 表地:100% POLYESTER
  • 内衿・袖口:70% ACRYLIC・30% WOOL
  • 裏地:100% POLYESTER
  • 本体:90% DOWN・10% FEATHER

特徴

水沢ダウンの中で代表するモデルといってもいいマウンテニア。まずは全体のシルエット。ダウンジャケットはどうしても厚みがある衣服の為、着膨れてしまいます。しかし、水沢ダウンは一般的なダウンジャケットよりダウン量が少なくても、耐水性と保温性の高い作りとなっているため、細身のデザインで美しいシルエットを実現しています。

次に機能性です。一般の縫製仕様のダウンジャケットは縫製部が劣化することにより羽毛の流出が発生します。また、縫い目から水が浸入して羽毛が濡れてしまうと、保温性が著しく低下してしまうということがあります。その点、水沢ダウンは熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現しています。

野外から室内、電車等、気温が高い場所に移動した際、ベンチレーションが有効です。水沢ダウンは、フロントジッパー部分はデュアルジップになっており、メッシュ生地と通常生地を選択することにより温度調整が可能。両脇部分にベンチレーションがありジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能です。

パラフードシステムという特殊なジッパーを使用することにより、フードを使用しない際は閉口が可能。また、フードが必要な際はジッパーを開け、よりすばやいフード開口が可能です。

裏地にはデサントが独自に開発した光を熱に変える保温素材保温素材HEAT NAVIを使用し、衣服内を快適な温度にキープすることを可能にしています。真冬の北関東でもインナーに薄いカットソーで十分暖かいです。保温性能はほんとに抜群です。逆に関東以南の暖かい地域ではオーバースペックになってしまうかもです。

着心地は生地のストレッチがよく効いているため、すこぶる良いです。見た目に反し重量もそれほどなく快適に着用が可能です。真冬の北関東でもインナーに薄いカットソーで十分暖かいです。私が購入したのはナリフリとのコラボレーションモデル。裏地は通常黒系ですが迷彩柄になっています。

着用画像

サイズS 着用者は、身長170cm、体重63㎏、です。

まとめ

日本が誇るスポーツメーカーデサントさんの日本人職人さん達が作った、生粋のメイドインジャパンのアイテム。思ったのはやっぱり日本は、優れたテクノロジーと卓越した技術があるという事。このジャケットを着てみればきっとご理解頂けると思います。

特徴のところで代表的な機能を書きましたが、もっと様々な読むのが面倒になる位の機能が詰まっています。もはや一般でいう衣料を超えている存在です。

もうひとつ改めて感じたのは、機能性を追及し無駄な部分を省いたアイテムというのはデザインが秀逸であるということ。シンプルでソリッドなデザインが正に私のど真ん中にツボです。

中年男性が苦手な寒気を完全シャットダウン。ダウン特有のがさ張り感もなく快適に着用出来る。なにより抜群にカッコいい。おススメです!

以上、「水沢ダウン マウンテニア ナリフリ別注」でした。

目次